査定員がアルバイト…安く買い叩かれる可能性大!

ブランド品の要らなくなったアイテムはどうすればいい?

もう要らなくなった洋服やバッグ、時計やジュエリーなどのブランドアイテムは、買取店に売ることをおすすめします。自分にとって要らない物でも他の人にとっては探し求めていた商品かも知れません。どうせたいした金額にもならないから…と思っていても、想像以上の金額になるかもしれませんし、少しであっても手元にお金が入ると誰でもうれしいと感じるものです。買取業者での売り方は、ブランド品を持ち込みして売る店頭買取や、売りたいアイテムを送って手続きを進める宅配買取、自宅で査定と買取ができる出張買取の3種類の売り方があります。自分の都合の良い売却方法を選べるので、処分に困っているブランドアイテムがあるなら、売りに出すのがおすすめです。

買取に出すお店選びは重要!ブランド品に強い業者を選ぼう

いざブランド品を売ろうと決心したとき、どこのお店へ買取に出せばいいのか、物を売ったことがない人は悩みますよね。そのときに、買取に出す際に注意しておくべきことがお店選びです。ノーブランドの古着や生活雑貨なども取り扱うリサイクルショップは、査定員が経験の浅いアルバイト店員であったり、ブランドの知識を持っていない人が担当することもあります。商品の価値を評価するのではなく、お店の簡単なマニュアルに沿った査定でおこなわれることも多いです。人気のブランドの価値や、レア品などの希少価値の高いものなどの評価がわからず、査定金額が低くて満足のいく結果にならない可能性が高くなります。価値のある良い物は、専門性のある買取業者を選んだ方がよいでしょう。そうすれば、ブランドの人気の高さやトレンド、希少品など、ブランド品に詳しい査定員がしっかりと価値を査定金額に反映してくれて、高値の査定が実現しやすくなります。